正しい捨て方は難しくない

家庭から排出される不用品になったパソコンは、粗大ごみとして回収してもらうことが出来ません。
ごみとして捨てる場合には「リサイクル料金」を支払って捨てる必要があります。

支払わなければならない物

まず捨てたいパソコンに「PCリサイクルマーク」という物があるかどうかについて調べてみましょう。
お店で購入したパソコンで、2003年10月以降に発売された家庭向けパソコンにならついている可能性が高いため要チェックです。
事業所で排出するパソコンや、自作パソコンと呼ばれる自分で作ったパソコン、法人向けパソコンを中古で購入した場合はリサイクル料金の支払いが必要になります。
産業廃棄物として捨てられない点に注意しましょう。

メーカーに電話をする

料金を支払い終わったら製造元のパソコンメーカーに電話をします。
すると「エコゆうパック伝票」という物が送られてくるため、パソコンを詰めた箱に貼り付けて郵便局に運送を依頼します。
その後郵便局は再資源化センターに運び、そこでリサイクルされます。

捨て方は間違えないで

パソコンは簡単に捨てられないから、人目のつかないところへ捨ててきてしまうと言うことは絶対にやめましょう。
家庭から排出されるごみであっても場合によっては処罰の対象になるからです。
料金をちょっと支払い、電話をするだけで取りに来てくれるため決して面倒くさがらず正しい手順でパソコンを捨てましょう。
そうすることで自分の身と社会全体を守ることにつながるのです。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP