周辺機器はごみとして捨てられる

パソコンを毎日使っていると必ず「周辺機器」というものを使います。
これらはパソコンと一緒に不用品として粗大ごみとして捨てるには難しい物もありますし、捨てられる物もあります。
産業廃棄物にならないパソコンも、周辺機器だと簡単な方法で捨てられることがあります。

周辺機器とは

皆さんがホームページや写真を印刷するときに使う「プリンター」や、データを保存しておく「外付けハードディスク」などパソコンを使うときに周辺に置いておいてつなげておく機械のことを周辺機器と呼びます。
かなりの頻度で買い換えるという方から、パソコンと違って10年や20年ぐらい愛用しているという方まで様々でしょう。
周辺機器の中でも液晶モニタは一般ごみとして捨てられません。
リサイクルのためには特殊な設備が必要なため、パソコンリサイクル法の適用になっているからです。

ごみで捨てられる機器も

特にプリンターやキーボード、スキャナーなどは自治体によって処理方法は異なりますがごみとして捨てられます。
もちろん回収方法や捨て方は自治体によって変わるため、お住まいの自治体に確認することが必要です。
なおごみと思っていた機器であっても、買い取りをしてもらえることがあります。
特に頻繁に機械を買い換える方は捨てる前に買い取り価格を確認しておきましょう。

タダならそちらで捨てる

パソコンと一緒に周辺機器も格安で回収するという業者もありますが、無料で捨てられるならば自分で捨てましょう。
そちらの方が経済的だからです。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP