ごみとして処分出来ない理由

私たちの生活に欠かせないパソコンは今ではどの家庭にも1台あるという時代になりました。
昔は1台30万円すると言うことはざらにありましたが、今は3万円でもいいパソコンが購入できるようになり買い換えが進んでいます。
不用品となったパソコンは粗大ごみとして捨てることは出来ません。
事業所においても同じで産業廃棄物とすることも出来ません。

法律が出来たから

パソコンは「パソコンリサイクル法」と呼ばれる法律によってリサイクルすることが義務づけられています。
2003年10月に施行された法律で、パソコンの中にたくさん含まれる貴重な資源を有効活用することが狙いです。
これは一般消費者に限らず、事業所から排出される廃棄パソコンも対象になります。

中の部品はこんなに役立つ

パソコンには多くの部品が使われています。
マザーボード、ハードディスクドライブ、メモリー、電源装置などです。
これらには大量の金属が用いられており、鉄や銅と言ったポピュラーな物から金をはじめとした貴重な金属も含まれています。
回収しているのは国が認定したパソコンメーカーです。
ですから回収を依頼すればどこかに勝手に捨ててきてしまうこともなく、責任を持って再利用してもらえます。

新しいPCへ

こうして回収されたパソコンは、形こそ変わりますが新しいパソコンとして生まれ変わります。
もちろん他の金属製品にも変わりますから、社会全体にとって非常に有益であると言うことですね。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP